機械式時計の歴史

中世ヨーロッパの時代、祈りの時間を村人たちに知らせるために、教会の鐘楼に自動的に鐘を鳴らす機械を設置したのが機械式時計の起源と言われています。
その後、イタリアを中心にヨーロッパ各地へと広がってゆき、教会や修道院の塔の上に鐘を鳴らす機械と一緒に文字盤も備え付けられるようになりました。
このように当時の物は、とても巨大で、本体だけで数メートル、重さは300kg以上にもなり、内部の重りが下がる事で歯車が回り、数日おきにその重りを巻き上げて使用し、非常に多大な労力を要する物でした。
そして1500年頃に、ドイツにて動力ゼンマイが開発され、現在のような持ち運びができる携帯用の物が開発される事となりました。この評判は瞬く間に世界へと広がってゆき、1つの産業として大きな発展を遂げる事となりました。
その後、振り子の等時性が証明された事がきっかけで、今度は振り子を利用した物が開発されるようになり、さらにはレバー脱進機とヒゲゼンマイの発明により、さらなる飛躍的な進歩を果たしました。
そして、時計産業と技師との関係性や地位が確かなものとなり、現在でも伝統的な技術を持った職人たちの手によって、精巧で素晴らしい機械式時計が1つ1つ大切に生み出されているのです。

RECOMMENDED

安心のロレックスの買取について

人気のオメガの買取をお考えなら

男性に人気があるのはこのブランドの時計

男性に人気がある時計ブランドといえば、まず浮かぶのがエンポニオ・アルマーニです。
エンポニオ・アルマーニは、高級ブランドであるジョルジオ・アルマーニのセカンドラインであり、もとのブランドイメージを保ちつつ比較的手が届きやすい価格で販売されているブランドです。センスの良さはそのままにお手頃価格になっているため、元祖アルマーニに憧れるハイセンスな男性のハートをつかんで離しません。その種類も多く、お気に入りのアイテムを選ぶ楽しさがあります。
それから、ディーゼルも人気があるブランドとして忘れるわけにはいきません。
ディーゼルはヨーロッパで生まれ、カジュアルなのにセクシーかつユニークな時計を世に送り出してきました。おしゃれだけれど堅苦しくなく、ラフなのに男の色気を感じる、そんな存在に憧れるならこれに決まりです。そのバランスの良いデザインにはファンが多く、人気があるのも頷けます。
もちろん100年もの歴史を誇るハミルトンも代表的な人気ブランドです。
美しいだけではなくユニークでもあるデザインにマニアは夢中ですし、マニアでなくてもその存在感には息を呑む事間違いありません。鉄道や航空時計としての活躍も目覚しく、今ではすっかり人気ブランドの常連になっています。